CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< rolling リリース! | main |
新年雑感2018

 

新年雑感

 

みなさま

旧年中はホントにお世話になりました。

そして。

どうか、今年もよろしくお願いいたします。

 

今、静かな気持ちで、去年一年を少しふり返ってみますね。

 

その前の年から始めていた新しいアルバムのための曲書きの続きと、「BATON」に収録する楽曲の選定から一月はスタートしました。

新しいアルバムは今までとは違った形になる予感がありました。だんだん作品にその方向性が見えてきて、ほとばしり感に突き動かされていくように、もっと高く、もっと深い曲!!と思いながら書いてゆきました。菅原プロデューサーのアレンジも、今までにないような新しい形にあがっていて、本当に一歩一歩、ワタシ達チャレンジをしているんだ、と気合いが入る思いでした。

 

それと併行して前年の様々な30周年記念スペシャルライブ音源を聴き直して、ライブ盤用収録曲の選曲とか曲順とか、それこそ毎日毎日、ああでもない、こうでもない、と曲順を変えては聴き、選曲を変えては聴き、を一ヶ月以上繰り返しました。もうこれ以上ベストな選曲と、曲順はない!と言いきれるまで。

 

それを素晴らしいミックスで形にしてくれた松本大英君に感謝します。長きにわたって、ワタシの音楽を創る上でなくてはならない同志でした。そして、これが彼のエンジニアとしての最後の作品となりました。今、彼はぶどう農家として、次のページで新たなチャレンジをしています。

 

このミックスの翌日から、ひょんなきっかけで、生まれて初めて奄美を旅しました。初めての場所なのに、何か初めてとは思えない、不思議な懐かしさを感じる島でした。ここで出会った方々に感謝したいと思います。

 

帰ったらレコーディングが始まりました。いつも感じるのですが、スタジオはワタシのココロの故郷です。思えばデビュー以来ずっと、素晴らしいミュージシャン達とがっつり音楽に向き合う、というラッキーにワタシはいつもいつも恵まれてきました。そのことをここで感謝します。

 

今回、初参加のエンジニア、樫本大輔君が、すごく頑張ってくれました。そして、今回もタグを組んでくれた共同プロデューサー、菅原弘明氏、参加してくれた全てのミュージシャンとエンジニアにもう一度お礼を言いたいです。彼らのおかげで、31年目の次のページに行けた。

ジャケット写真の撮影は、こんなに楽しくていいの?ってくらい楽しかった。ビジュアル制作担当のみんな、ありがとう!そして、それら全てを可能にしたチーム種ともこのみんな、ありがとう!

 

そのあとは「BATON」リリースに向け最終的文字校正。エッセイはだいぶ前から書きはじめていたのですが、やっぱりいろいろ修正したくなったり。また、三十年活動してると思いの外いろんなことがあって、記憶違いやら忘却してたりで、年譜とインタビューの校正がけっこうたいへんでした。一部のファンの方々に大きく助けていただきました。ありがとうございます。

校正に地獄の粘りと執念を見せてくれたスタッフ高岡氏と、この本をとても素晴らしいものにしてくれた外間隆史氏に感謝します。細部に神が宿る、とはこういうことか。感動しました。最初の打ち合わせの時には、まさかこんな分厚い大作になるとは予想もしてませんでした。

 

夏は恩師、河合マイケルさんと初のガチンコ対決ライブ、そしてそのあと、「種からつなげよう」で出会った人たちを再訪するために東北を旅しました(ブログにも書かせていただきました)。この旅からも多くをココロにいただきました。この旅で出会った全ての方々にもう一度感謝します。

 

秋からはここまではツアー、リリース、そしてそれに向けてのプロモーション。

アルバムを手にとっていただいた方々にお礼を言わせてください。ありがとうございます。気に入っていただけたでしょうか?だといいな。

それから、バンドツアーにお越しいただいた皆様、ありがとうございます。バンドはすごく進化してきていると思ってます。けど、大阪はトラブルでスタートが大幅に遅れ、ホントに申し訳なかったです!ごめんなさい。

 

去年の新年雑感で目標としたことは実現できたんじゃないかなと思います。

アルバムを最高の形にすることと、美味しい料理を作ること。どっちも達成できたと思ってる。去年はぬか漬け研究の年でもありました。

 

そして。去年はもう一つ、ピアノ、ギターの個人練習を頑張りました(自社比)。まだまだ技術が及ばないところは山ほどあるのですが、少しずつ、これらの成果を今年の、これからの弾き語りツアーに活かせていければ、と思ってるところです。楽器ってホントに奥が深い。

 

ワタシにとって今年はどんな年になるのかな。

どきどきわくわくなのです。いろんなことが変化していく一年になると思います。

さらに新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。人生いつも一年生だから。

 

今年はあえて目標を設定しません。ココロのむく方へ歩いて行く。そういう年なんだという予感があります。

 

みなさまにとって今年はどんな年になるのかな。

人生色々だけど、できるだけたくさん笑顔がある年になるといいな。ココロよりそう祈っております。

そして、みなさまのココロのど真ん中にワタシの音楽が伝わりますように!

 

今年もどうかよろしくお願いいたします。

 

種ともこの日々、ツイッターやFBなどでご覧になっていただければ幸いです。

 

写真は千両。豪華な花束でなくても、こうやって食卓にただ飾るだけで、新たな年って気持ちになります。

 

FB: https://www.facebook.com/tomoko.tane.7

FBページ: https://www.facebook.com/tomokotane.official

HP: http://www.tomokotane.com/

TWITTER: http://twitter.com/tomokotane

| LIFE | 15:04 | comments(4) | - | pookmark |
コメント
今年もさらなる飛躍を期待してますよ!^_^
元気でいきましょう〜
| Otogiku | 2018/01/22 10:30 PM |
充実した一年を過ごされたようで何よりです。
今年は自由になさるんですね。
着いて行きますとも。
今年も宜しくお願い致します。
| やすゆき | 2018/01/04 4:45 PM |
あけましておめでとうございます。

周りの年上の大人たちと話していると、何かに対して「ワクワクだ」と口にする人がほとんどいないことに気づきました。ワクワクした方が人生、楽しいのに。種さんはワクワク一杯の人生をおおくりのようで、「やっぱわしの心の師匠だわ」と思いました。

ぼくは今年は町内会長(自治委員)をやることになりました(町内、年寄りばかりで、なる人がいないので)。

こういうのって、人間関係も役所相手の書類仕事も面倒くさいだろうことはわかっていますが、面倒くさいから挑戦し甲斐があるし、自分の知らない世界なのでワクワクしてます。

それに、ぼくがチェコにいた頃に経験した毎年のヴィザ更新の大変さと惨めさに較べれば、たいしたことないだろうとわかってますので(「士農工商犬アジア人」的な扱いを受けてましたから)。

自分のことばかり書いてスイマセン。今年も種さんの音楽にたくさん触れることができますように。よろしくお願いします。
| ユキシゲゼンニ | 2018/01/04 11:23 AM |
憧れの人、種さん。ことしも来るもの拒まずの、アンデパンダン的、開かれた先駆者精神で、種さん独特の男勝りのガッツで、是非ともお身体に気をつけ、ご活躍ください。土着と書くと違うかもしれませんが、もう土から生まれたと思う外ない、あるいは天から降りてきた、まだ、ダイヤモンドの原石と思っていますよ!がんばっていただきたいです!
| M.Hori | 2018/01/04 10:45 AM |
コメントする