CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 定家葛 | main | じゃじゃん! >>
赤いお皿とチキン

ワタシは子供の頃、足が悪くて何度か入院した。毎回長期の入院になった。

入院してないときは定期的に病院に通った。再発してるかどうかをチェックするためだった。

再発が確認されると、次の入院時期の相談になった。

そのたびにお医者さんも家族もため息をついた。


入院が決まると母は私を買い物に連れて行った。まずデパートに行き、いつもなら絶対買ってくれないような値段の高い可愛いパジャマを買ってくれた。それからワタシが大好きだったイノブン(京都の雑貨屋さん)に行き、どれでもスキなお皿を選びなさい、買ってあげる、ただし割れないようなプラスチックの、と言った。


ワタシは迷いに迷って、真っ赤の無地のお皿を選んだ。

「これでいいの?柄が入ってなくていいの?」

と母は念を押した。でもワタシはそのシンプルなお皿が気に入った。

ところで、このお皿は何のためなのか。

「入院したら朝ご飯を作ってあげるから、それを入れるの。」と母は言った。


今は違うのだろうか。その頃私が入院していた総合病院の考え方として、給食の予算の6割は胃腸など、食物に気を遣わなくてはならない患者さんの給食にあてられた。次が高齢者、咀嚼に問題がある患者さん、幼児、その他内臓疾患の患者さん、外来食堂、の順。

何でも食べていい外科病棟のみなさんは安くて面倒くさくないもので食べといて、お願い、という空気がありありと見て取れた。段取り上もおかゆなどは温度が大切で作るタイミングが重要なので、まずはどうでもいい外科病棟の給食から作り始める。


晩ご飯なんか午後三時にはもう病棟内のワゴンに置かれていた。それを午後六時に配るのだ。お汁も煮物もご飯もすべて冷え切っている。麺類はのびきっている。それを冷たいまま食べた。小さな炊事室が病棟にあって、そこのガスコンロが3分でいくらかお金がかかるのだが、歩ける人でそのお金を惜しまない人は小鍋に移してそこで温め直して食べていた。レンジとかはその頃はなかった。朝食は前日に作っておいた目玉焼き、前日からワゴンに入っていてぬるい牛乳と溶けて形が崩れたマーガリン、そしてパン、だった。


事故って入院してきたある若者は閉口して「食事がひでー!早く治して娑婆に戻りてー!」と切実に話していた。

婦長さんは

「そうそう、ここのご飯にはそういう効果もあるのよ。治りたくなるもんね、これじゃ。」

と笑っていた。


母はワタシが冷えた食事をしなければいけないことをとても悲しがっていた。一日にせめて一食はできたてのものを食べさせてやりたいと言っていた。(ワタシは実はそれほど気にしてなかった。子供ってそんなもんだよね。)

そこで、母はワタシが入院している間、自分も付き添いで泊まり、朝食を作ってくれた。その後家に戻り家事をし、夕食を片付けるとまた病院に戻って来て寝た。

大変な苦労だったと思う。


そして朝ご飯に作ってくれたのがチキンソテー。

鶏肉に塩胡椒し、フライパンで両面をかりっと焼いて、水を加え、ふたをして蒸し煮する。よく火が通ったら千切りキャベツの横に置き、フライパンの肉汁を回しかけ、櫛形レモンを添える。

真っ赤なお皿にレモンの黄色、キャベツの淡い黄緑、そしてきつね色のお肉。とても美しい彩りだった。このお皿にしてよかった、と思った。


チキンソテーはワタシの大好物だったが、うちの経済状態からすると普段はなかなか食べられないスペシャル献立だった。

チキンソテーを作った夜は母はフライパンを洗わなかった。鳥の脂が残ったそのフライパンで翌日目玉焼きか炒飯を作った。鶏肉フレーバーの「スペシャル目玉焼き」「スペシャル炒飯」は美味しかった!二回もスペシャルが楽しめて超豪華気分だった。


そのチキンソテーを母は病院で毎日作ってくれた。ワタシも毎日食べても飽きなかった。

毎日朝からスペシャル!入院も悪くないぞ。

チキンソテーを食べてる間は、自分がガラス窓から同じ角度で空をずっと見つめていなければいけない、立って歩くこともできない、普通の子供なら体験しなくてもいい闘病生活を送っている子供だという事実から離脱することができた。

母は一口も自分では食べなかった。

一ヶ月半くらいそんな朝食が続いただろうか。


大きくなり、嗜好も変わり、チキンソテーよりもっと好きな食べ物とかもできて、それはもうスペシャルなものではなくなった。母もあまり作らなくなった。大人になり、ワタシは家で食事しなくなり、そのうちひとり暮らしを始めた。赤いお皿を持ってね。


ある日ひとりでチキンソテーを作ってみた。思ったより簡単なもんだな。うまく焼けた。赤いお皿にのっけた。でも一口食べた途端、入院生活のさまざまな想い出がうわーってよみがえってきて泣いてしまった。

それ以来チキンソテーは二度と作らなかった。お皿も捨てた。


再開したのはわりと最近だ。

鶏もも肉が冷蔵庫にあって、いつもなら照り焼きかトマトソースがけにするところだけど、なんだか、ふとチキンソテーを作ってみようかと思った。

初めて食べたコドモたちが「おいしい!」と、とても喜んだ。

「これスキ!また作って!」

ワタシも今回は食べても泣かなかった。

コドモたちが喜んでくれたうれしさの方が大きかった。病院生活の辛い思い出より母に対する感謝の記憶の方が強くなっていた。


もうお皿は赤じゃないけど、でも彩りはホントにきれい。

そしてもちろんフライパンは洗わないで、次の日の朝には「スペシャル目玉焼き」を作るの。これがまた楽しみなの!

| LIFE | 16:49 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
何で愛は泣けるんでしょうね。
愛は日常ですね。

自分の父が逝ったとき、種さんに救われました。ずっとお礼を言いたかったんです。

遅くなりました。
ありがとう。
| Mitsuhiro Taya | 2013/08/01 8:12 PM |
昨年、札幌で種さんのライブに参加してから、もう1年が過ぎ、だいぶ前に東京でバンドコンサート以来のライブでとても感動しました。最近Twitterしてないので、ツイートしてた時に種さんから返事が来たときは、びっくりしました。ライブで握手した後、種さんがTwitterで、クソまずいラーメンがどうのと言っていた時があり、美味しいラーメンを食べて帰ってくださいと話しました。食って重要ですよね!また会える日を楽しみにしています。
| 北の国から | 2013/06/21 11:56 PM |
やはり、ここは私もチキンソテーが食べたくなりました。^^
育てられたことの感謝を通じて人類はさらに成長するのですね。
| otogiku | 2013/06/01 11:17 AM |
種さん☆のチキンソテーうまそうだなぁ‥(^O^)
でもお母さんという存在わ、ありがたぃものですね‥
種さんの幼少期ネタわ本で読んだ。僕も小さいときわ病気がちだったので、そういう頃の記憶わ意外に残るもんですね!
僕わ、小川未明だと「金の輪」が好きかな‥ 小さいとき熱にうなされながらポプラ社の読んだ。
| 風祭 | 2013/05/31 5:43 AM |
一編の小説のようですね。

このお母さまがいて、今の種さんがいる。お母さまの記憶の底にもチキンソテーのことがあるかもしれませんね。

いつか、このお話をモチーフに種さんが素晴らしい歌を作ってくださるとファンとしては嬉しいです。
| yaliusat | 2013/05/28 9:58 PM |
ぐっとくるおはなしでした。

種さんのうた、いつも聞いてます。いまのうたも、まえのうたも、すき。
これからも、かげながら、おうえんします。
| なめらさんち | 2013/05/28 5:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomokotane.jugem.jp/trackback/26
トラックバック