CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< あとはファイナル! | main | 光る水 >>
ファイナル終了!そして次のページへ

ファイナル終わりました!

何はともあれ楽しかった。
女子部結成の夜でした。(自称女子部にならないよう頑張りまっす!)

コーラスとパーカッションとピアノ。
ミニマムな構成なのに幅がありました。
トランスパランスのみなさまとけっちゃんのおかげです。
ホントに感謝。

リハからずっと楽しかった−。

それから今回のライブを支えてくれたスタッフのみんなにももう一度感謝。

さて。で、これからの活動に向かうべく、また曲書きに戻ります。

この、曲書きに戻るっていう、いわば振り出しに戻る感がスキなのね。リセットする気持ち。次のページをめくる感じ。何度も経験してきたけど、毎回フレッシュです。この気持ち大切にしたい。

根が不器用なので、ツアーやりながら、さらにレコーディングやりながら、曲も書いて、なんてできない。二つのことをいっぺんにやるのが苦手なの。(そういうことさらっとやってらっしゃるミュージシャンのみなさまを尊敬します)
だから曲書くときはひたすらそこに集中したいの。

とは言いつつ、ちょこちょこイベントに誘ってもらったり、隔月の「種からつなげよう」チャリティーライブは続行しますよ。インフォでチェックしてね。

次にどんな花が芽吹いてくるか、自分でもドキドキしながら今は土を見つめる時。

いちばん上の写真は本番直前の楽屋で。みんな気合いが顔いっぱいにみなぎっててステキ!
左からトランスパランスの葛岡みち、高瀬麻里子、ワタシ、パーカッション高橋結子、トラパラの渡部沙智子。

それから演奏中の写真もどうぞ、こちら。


| LIVE | 07:48 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ファイナルお疲れ様でした。
すごくいい席で見ることができて感激です。
懐かしい歌も素敵なコーラスでアレンジされて
とてもよかった。

震災以降、種さんが今まで以上に前向きに
音楽に、そしてファンに接しているのを
ファンの一人としてとてもうれしく思っています。
同じテーブルの種ファンの人とも少し話をしました。
これだけのファンがいるんだからロイヤルカスタマーを
これからも大事にしてくださいね。

これからも種さんの音楽を、ライブを楽しみにしていきます。
頑張りすぎず、頑張ってください!
| 杉ちゃん | 2012/07/30 11:28 PM |
待ちに待ったファイナルライブがとうとう終わり、
醒めやらぬ興奮、感動、余韻、涙、放心状態?が
続いております。

よかったよーーーー!!!

他の方もコメントされている通り、素晴らしいサポートメンバー
に恵まれた、素晴らしい内容のライブ+ツアーだったのではない
かと。お疲れ様でした。

今後の創作活動やイベントなどの展開も楽しみにしています。
でもホンマに暑いので体には気を付けてください!
| otogiku | 2012/07/28 2:23 AM |
長いツアー、ほんとうにお疲れさまでした!
盛岡とファイナルと参加させていただきました。
ほんとうに、行って良かったです(T_T)
頭の中で、不意にライブでの曲が再生されてしまう日々です。
種さんのファンで良かった。
種さんが、音楽をずーっと続けてくれて良かった。

人間の声とピアノとパーカッションだけ、
なのが信じられないほどの厚みのある音楽、
ライブで聴けて幸せでした。
昔の曲も、まったく色あせてませんでした。
友人曰く、「不変的なものを歌っているからじゃないかなぁ」
これからもずっと、種さんの音楽とともにいたいです。

そちらは暑い日が続いていると思います。
お身体にお気をつけて。ありがとうございました!
| eyes_of_may | 2012/07/26 8:53 PM |
「コメントに何を書こうか」と考えていて、ふと思ったのは、「種さんの歌やパフォーマンスには、種ともこという人間の生き様がきっちりと出ているよなぁ」ということです。

「いや、それは表現者であるのなら誰だってそうだ」と言われれば、一言も返す言葉がないのですし、ぼくが二十五年間に渡って種さんの音楽と共に歩いてきたからそう感じるだけなのかもしれないけど、それでも一つだけ言いたいのは、種さんは人を愉しませるエンターテインナーだけど、決して安っぽくないということです。

種さんの歌は、たとえそこに重い思いが込められている場合でも、それを軽やかに、しなやかな形でアウトプットとして表現できているというのが、やはりタダ者ではないと思うのです。

だからこの先、種さんが六十、七十代になった時に、どのような音楽をぼくらに届けてくださるのか、それが楽しみです。

種さんと一緒に歩いて行きたいです。

ツアー、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
| yaliusat | 2012/07/26 2:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomokotane.jugem.jp/trackback/15
トラックバック