CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
定家葛

 
定家葛がみごとに咲きはじめました。ジャスミンに似た甘い香りが漂います。

ジャスミンのむせるほどの甘い香り、ご存じの方もいらっしゃるかも。

定家葛はそれに比べると、ややおとなしい、控えめな甘さです。花の色は咲き始めは白、日がたつにつれ,レモンから山吹色くらいまで色がゆっくり濃くなります。最後は茶色になり枯れます。それにつれ、香も濃くなり、ある日ふっと消えます。こういう変化も毎日感じられ、楽しいのです。


定家葛は紅葉し散ります。秋には多量に。しかし年を越す葉もあります。そして、秋以外にも常時ちらほら紅葉し、散ります。

写真にも紅くなったり黄色くなったりした葉が映ってます。(写真が下手くそでゴメン)

ですから、花が咲く今時分は、白、黄色、山吹の花に新緑の緑、濃い緑、紅の葉。本当にあでやか。


どんな葉が紅葉するんだろう。

長年眺めてますが,規則性はないようです。何年過ぎても紅葉しない葉もあれば、葉っぱとして生まれてたての若葉マークちゃんがあっというまに散ることも。

プロセスもさまざま。じわじわと黄色、オレンジ、緋色、茶色、と色を変え、フィナーレを迎える葉もあれば、ある日突然しおれて茶色になる葉もあります。元気いっぱいに真っ赤っかになり、あっという間に散ってゆく短命な葉もあります。

長生きも夭逝も,誰が決めることやら、わからないけれど、葉っぱは自分の命を誠実に生きている。太陽の光を浴びることを渾身に願いながら。


さまざまな葉っぱのライフスタイルをつい人の世になぞらえてしまう。自分はどのパターンで生きているのだろう,などと考えてしまう。


定家葛は毒草だとか、花言葉は「依存」だとか、アマノウズメが素っ裸で天の岩戸の前でダンスしたとき身につけてたのはこの花だとか、いらん知識をこのブログ書く前にネットで仕入れてしまいました。そんな側面もあるのね。


この花が大好きなの。この花の隣にベンチを置き、香に包まれながら紅茶を飲んだり、ワインを飲んだりするのにちょうどいい季節がまた訪れました。そのことに感謝したいです。

| GARDENING | 14:59 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |