CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
勇気のストーリー

5年間、30回のチャリティーライブ、「種からつなげよう」でみなさまからいただいた義援金は、半年ごとに精算し、自分で募金先を探し、hand to handでお渡ししてきました。

最終回の募金先を探しつつ、今まで募金してきた方々を訪ねる旅に出ました。電話やメールでのやり取りだけ、という方々もいたので、ぜひお顔を拝見してお話がしたかったのです。

 

まずは相馬。障がい者就労支援センター「もくもく」です。エアコン購入のヘルプをさせていただきました。

「あっついから。毎日使ってますよ。」

と言っていただき、ホントにうれしかったです。ちょこっと歌も歌わせていただきました。みんなの笑顔、ステキすぎました。

 

 

「原発、一度は見た方がいいですよ」と言われ、国道6号線を車で連れて行っていただきました。停車禁止。窓開け禁止。車の外に出るの厳禁。右手にフクイチの建物見えました。テレビでは見たことあったけど、実際身を置いてみるとこの空気感は、、、。ホントにまだ何も終わってない、、、。ゴーストタウンとなった国道6号線沿いを走りました。浪江では避難措置解除になりましたが、今までの長きにわたり手をつけられず、放置されたままの半壊家屋など、街のあちらこちらにありました。〔写真は放射能汚染物質を詰めた黒い袋。延々とこれが風景に積み重なってます。)

 

 

続いて石巻日日こども新聞。こちらはイギリスのケンブリッジで行われたイベントにこども記者達が参加し、その渡航費の一部に使用していただきました。

その模様を動画や写真で見せていただきました。頑張って英語でスピーチしてる子供達すてき。この体験はきっと未来に役立つはず。震災で多くの建物がなくなった街に住む彼らは、昔からの建物がいっぱい残っているイギリスにとても惹かれたとのことでした。

 

陸前高田では脳性麻痺だけど素晴らしい絵を描いている田崎飛鳥さんに会いにゆきました。絵の色調が鮮やかでエネルギーに溢れているのです。震災でそれまで描いていた絵を全部失い、そのショックで一時は絵が描けなくなったそうですが、ほどなく立ち直り、今も素晴らしい作品を生み出してらっしゃいます。彼のお母さんはパン屋をやってらっしゃって、そのパン屋と彼のアトリエをつなぐ回廊に募金を使っていただきました。

 

 

この日の夜は廃校をボランティア宿泊所に改装したところに泊まりました。他に泊まり客がほとんどいず、二階はほぼ貸し切り状態。「学校の怪談」とか「20世紀少年」の場面とか思い出しながら、布団にもぐり込んでました、、、、。でも、このアイディアはステキだな!ボランティアでなくても泊まれます。

 

それから大槌。エコたわしでお世話になってます。電気のつかない避難所で、ただじっと座ってるだけではつらいから、とアクリル毛糸で作り始めたエコたわし。海に生活を奪われたみなさんが、海を汚さないエコたわしを作っている。ここに感動してサポートをさせていただきました。みなさま、やっと全員仮設から引っ越しできるめどがつきました。なので、これをもって大槌エコたわしは解散します。みなさま、今までありがとうございました!とはいえ、まだ在庫があるのでそれはなくなるまで売ります。これから新しい生活を始める編み手のみなさまにもめちゃ必要な支援なのでどうか買ってください!

 

 

岩盤浴のお店、ゴロリンの店長さんにもお話を伺いました。プロパンガスも手がけてらっしゃるので、震災当時はそれはもう、何が何だかわからないくらい忙しかったそうです。ライフラインですものね。そしてそのうえに、ずっと街の人たちがのんびり、ゆったり過ごせる空間を作ってらっしゃいます。お人柄がそのままお店に表れていて、優しい空間です。今度ワタシも岩盤浴やってみたい!

 

それから釜石へ行き、最終回の募金先との打ち合わせ。きちんと決まったらまたHPでご報告しますね。

 

次の朝は大槌夢ハウスを訪ねました。ここに募金したお金でかき氷メイカーなどを購入していただきました。

「今、暑いから活躍してますよ!」

と言っていただきまたもや、うれしくなりました。以前の場所から移転して、すごく広くなりました。

「かくれんぼすると探しきれない!死角がありすぎて!」

とスタッフの方、仰って笑ってました。また経営母体も 社会福祉法人から大槌の父兄に移りました。

「もう、自分たちで切り盛りしていく時期に来てるんです。」

ああ、少しずつ、次のページに進んでるんだなあ。

 

 

それから「赤浜の復興を考える会」の会長、川口博美さんに再会しました。14メートルの防潮堤はもし決壊したら巨大なコンクリートの凶器になって襲いかかる。防潮堤に頼らず、みんな高台に引っ越すんだ、と住民のみなさまと話し合い、ここだけ、防潮堤は以前の高さのままにすることになりました。こちらではこの会合での暖房費や事務費用を募金から使用していただきました。彼も仮設から引っ越すめどが立ちました。ひょっこりひょうたん島が見下ろせる高台。

「海がどーんと見渡せるんだ。」

そう言って笑う彼の笑顔を見て涙が出そうになりました。海に最愛の家族をふたりも奪われた彼が海のよく見える場所に家を建てることを楽しみにしている。

 

 

 

どの人とお話ししても、そこには勇気のストーリーがありました。そのストーリーの中にワタシがわずかでも参加できたことに心から感謝したいです。

そしてそれを可能としたのは、ライブで募金していただいた皆さまの力です。もう一度言わせてください。本当にありがとうございました。

 

まだまだ盛り土が果てしなく広がっている大槌も、繁華街のメインストリートの道が一部よみがえり、わずかですが店舗も戻ってきました。

少しずつ,次へ。

 

 

東京では震災はもう終わった事項と考えられがちですが、現場を歩くと、まだ、なのです。

でも、何度か行きましたが、今回は初めて復興、を強く感じ取れる気がします。

「あんときは必死で、助けてもらってもお礼も満足に言える余裕がなかった。今度会ったらそのときはきちんとお礼を言いたいなあと思う人たちがいっぱいいます。でも、なかなか、今、ここに再び訪ねてくれる人はそう多くはないんです。だから、こうやってまた来てくれるとうれしいんです。」

という言葉が印象的でした。ありがたかったです。

地縁があるわけでもなく、出身地でもない、何も知らないよそ者のワタシを受け入れてくれて、さしだした手を温かく握り返してくれた人たちに、心より感謝します。

 

 

そして、東北の自然。本当に美しい。ほれぼれとするような山や海。運転しながら夢見ているような気持ちになる瞬間がたくさんありました。

 

 

これからも訪ねたいと思ってます。勇気のストーリーの続編を読みたいから。

 

 

| CHARITY | 13:45 | comments(5) | - | pookmark |
新年雑感

いつものお雑煮

 

やや遅いですが、あけましておめでとうございます。

昨年はお世話になりました。

今年もどうかよろしくお願いします。

 

ブログ、全然書いてなくて、30周年記念アルバム”Daily Bread”の告知すらもしてなくて。多忙を言い訳にしちゃいけませんが。

 

去年は30周年アニバーサリーイヤーで、あれこれといろんな企画をしました。2枚組を2作リリースしました。スペシャルライブもいくつかしました。弾き語りツアーも相変わらず全国駆け回り、バンドライブでは踊りまくりました。スペシャルサイトを立ち上げ、ロングインタビューを掲載しました〔現在も続行中)。昔出版した書籍の電子書籍化もしました。トークショー&種ともこグッズ展覧会も何度かやりました。

 

文字通りダッシュで駆け抜けた一年でした。

慌ただしくもあり、喜びも多い一年でした。

 

30周年アニバーサリーを共に体験してくれたすべての方々に感謝します。

 

ポカの多いワタシですから、あれこれ取りこぼしつつ、スタッフのみんなにこぼれ球拾ってもらいながら駆けてきました。チーム種のスタッフのみんなにここで今一度感謝したいと思います。

ビジュアル関係を引き受けてくれた外間氏、サウンド面のプロデュースをお願いした菅原氏にも、何度かハードな日々を送らせてしまいました。この場を借りて感謝したいと思います。

 

去年一年を駆け足で振り返ってみます。

 

その前年の秋に父が死に、さまざまな事務的な処理から一年が始まりました。父が死んだことで多くのことが変化しました。実家を取り壊すことになり、そこにあったアップライトピアノをうちに引き取りました。長い長い間、手元に置きたかったピアノ。それがついに我が家にやってきました。

また、実家を整理したら両親がワタシの過去資料〔ラジオ出演の収録されたカセットテープ、ポスター、雑誌のインタビュー記事の切り抜き等)をたくさん保管しておいてくれたことも判明しました。これらがあったからこそトークショーが可能になりました。ワタシ、なんでも捨てちゃうからね。

 

悲しいこともありました。

 

年初からリスペクトするミュージシャンが幾人か亡くなりました。

デビッド・ボウイ、キース・エマーソン、、プリンス、ジョージ・マイケル、レオン・ラッセル、富田勲、、、、(敬略称)。みな、ワタシの音楽の形成に力を貸してくれた方々です。

 

友人だった吉川みきちゃんが亡くなりました。村田和人さんを追うように。お見舞いに行って少ししてからでした。お葬式は彼女のお誕生日でした。

 

同じくデビュー30周年だった盟友、吉良知彦くんが亡くなりました。彼が死んだことはワタシの心にとても大きなくさびを打ち込みました。ある意味、お互い少し似ていると感じていました。彼にはたまーに弱音を吐いたり、そんな話したっけと強がったりしました。大切なライバルを失ってしまったと感じました。亡くなったと聞いた次の日、ライブに向かう新幹線のなかで断続的に泣いていたこと、そのライブで「遠い音楽」を必死の思いで泣かずに歌ったこと、忘れられません。

 

心に岐路を感じた年でもありました。

自分はどんなふうに生きていくのか?

生きている間に何をしなくてはいけないのか?

自分にとって本当に大切なものはなんなのか?

自分が差し出せるものはなんなのか?

 

で、自分の葬儀費用の頭金を払いました。エンディングノートを書きました。

 

そのうえで、それはもう必死で曲を書きました。いつ死んでも後悔しないように。今の想いを歌わずにいられなかった。曲を書くことでしか自分のココロを保てなかった。30年のその先へ。次のページを自分は開いていました。あと何ページあるのか分からないけど、次のページを。

 

その次のページにどんな風景が見えるのか。眺めたかった。

今、うっすらと浮かび上がろうとするその風景に全力で色づけ作業を始めようとしているところです。

 

コドモたちも大きくなり、ひとり暮らしを初めた娘は一気にオトナになり、高校生の息子は手探りで未来を探しています。巣立ちはもうすぐ。彼らも次のページを開きつつあるのです。

 

実は、ですね。30周年アニバーサリーイヤーは終わりましたが、企画したことすべてを遂行することができませんでした。おもにワタシの段取りの悪さです。

なんで、今年も30周年企画、続行します!時空が歪みますが、今年も30周年アニバーサリーなのです。あれこれと準備しつつあります。

そして、次のページの先にある新しいアルバム。これも必ずリリースします。

楽しみにしててね。

 

少しゆっくりしたら、という意見もスタッフから出ました。でも、今は走れるうちに走りたいの。

 

いつも元旦におせち食べるとき、家族で今年の抱負を話すことにしています。

ワタシの今年の抱負は二つ。

1)新しいアルバムを最高のものにする

2)美味しい料理を作る

 

1)は、プロですから当然と言えば当然。でも、今回いろんなチャレンジがあるの。それがとても新鮮で、どきどきなの。

2)は去年の反省。仕事がたてこんでくると「悪い、コンビニでカップラーメン買ってきて!」が時々ありました。それはいかん、やはり。家族で食卓囲むのもそんなにもう長いことではないかもしれません。丁寧な仕事するにも丁寧に作ったご飯は大事なはず。

 

忘れるのが大得意のワタシ。でも、ここに書いておけば大丈夫。

 

ブログ、なかなか更新できませんがツイッター、FB、KBページは更新しています。もしよければそちらにもお越しください。もちろんHPのインフォにも情報は随時アップしています。

 

写真はいつものお雑煮。お餅、蒲鉾、鶏肉、芹、飾り人参、柚子。


 

FB: https://www.facebook.com/tomoko.tane.7

FBページ: https://www.facebook.com/tomokotane.official

HP: http://www.tomokotane.com/

TWITTER: http://twitter.com/tomokotane

 

| LIFE | 14:34 | comments(4) | - | pookmark |
「種からつなげよう〜笑ってて〜」7.6 release!

 

 

 

5年前、2011年3月11日。あの日、ワタシはプロデューサーに呼び出されて電車に乗っていました。遅れていたアルバム制作に関して、なんて言い訳しようかと頭をめぐらせながら。その電車の中で地震を経験しました。電車は高架の上にいたのでめちゃくちゃ揺れました。高架から電車が落ちたら死ぬな、と覚悟しました。

ミーティングはもちろんお流れになり、その近くに住んでいた友人の家にしばらくいさせてもらい、そこで港町のなかを船が家々を壊しながら流されていくショッキングな映像を震えながら見ました。

 

それからは混乱の日々でした。もちろん被災地では極限状態の日々でした。

私が住んでいる街はそれほどの被害がなかったもののやはり混乱していました。近所のスーパーは入店者数制限をし、ガソリンスタンドに並ぶ車の長蛇の列で道はいつも渋滞。テレビからは福島の原発について錯綜した情報が滝のように溢れ、子供を外で遊ばせていいのか、どこの家庭でも親たちはみな判断に苦しんでいました。

 

そんなとき、トイレットペーパーを山のようにドラッグストアで買い込む女性を見て、ワタシは声をかけたくなりました。

「あなたがそのトイレットペーパーを全部使い切るもっと前に、とっくに物流は回復しています。そんなに買い込むと本当に必要な人の手にはいりません。あなたの家でトイレットペーパーが本当に足りなければ、うちのを分けてあげましょう。」

でも言えなかった。勇気がなかったのです。

 

小さな手をさしのべるには大きな勇気が必要なことを知りました。

こんなちっぽけなことしたって、何ほどの役にも立たないかも。かえって迷惑かも。

 

でも、今はちっぽけなことでもやるべきなんじゃないか。

小さなヘルプを気軽に差し出したり受けとったりできる風通しのよい社会は、まず自分が行動することで構築するべきじゃないか。

不安だから大量のトイレットペーパーを抱えて歩いてたあの女性に、自分ちのトイレットペーパーをはい!って笑顔で差し出すことが簡単にできるような暖かなコミュニティーを、まず自分から作ろうとするべきじゃないか。

 

それから一週間のうちにワタシはレコーディングを再開していました。まず「笑ってて」をチャリティー配信することにしました。それにおいては流通会社に大変な尽力をしていただきました。ここで感謝します。

そしていろんな人たちの助力を借りて隔月で「種からつなげよう」のチャリティーライブを始めました。

 

決めたのはこんなこと。

 

@避難所では歌わない。ここで、東京で歌ってお金を集めるんだ。

@そのお金は赤十字や自治体などには送らず、Hand To Handで種ともこが自分で探した募金先に直接渡す。

@チャージはできるだけ安く設定し、その分お客さんには募金をしていただくようにする。終演後種ともこは急いで着替え、出口に募金箱を持って立つ。

@趣旨をより広く分かってもらうため、ライブはUstreamで配信する。ただしアーカイブは残さない。

@「笑ってて」は必ず歌う。

 

会場を提供していただいたStrobe Cafeさんには本当に感謝しています。連絡係をしてくれたスタッフにも。

趣旨にご理解いただき出演してくれた対バンのアーティストの方々、同じく素晴らしい演奏でサポートしてくれたミュージシャンの方々にもお礼を言います。

そしてそして。会場に足を運び募金していただいたお客さんには本当に感謝しています。

当初、Ustream配信すると、じゃあ、タダでPCで見ればいいやと思われて客足が落ちるかも、という意見もありました。でも、実際は逆でした。ユーストで見て楽しそうだから、と会場に足を運ぶお客さんが増えたのです。震災から年月がたつほど記憶も風化し、チャリティーに興味をもたれなくなるのでは、という不安もありましたが、実際には続けるほどに動員が増え、Sold outが続くようになり、どうしても行きたいんだけど、と連絡くださるお客さんのためになんとかできないかとスタッフとお店で工夫してくれました。そしてそれにつれ、また募金額も増えていったのです。本当にありがたい思いでいっぱいでした。

2年くらい、をめどに始めた「種から」は結果的には5年間、30回ライブを重ね、この度ベストテイクを集めたアルバムをリリースすることになりました。

 

収録とミックスをやってくれた松本大英くんのグッジョブの輝きがあちこちに光ってます。大英くんにも深くお礼を言います。

 

ワタシは二月に一度、誰かと一緒にストロボのステージで歌うことを楽しみにしつつ、5年間を過ごすことができました。そのときそのときの季節に応じていろんな歌をリアレンジしたりする作業は大きな喜びでした。「おぼろ月夜」や「流星群」はこのアルバムでしか聴けないバージョンになってます。また、募金先の選定を通して、多くの方々にお手伝いをいただきました。こんなことがなければ一生行かなかったであろう大槌や石巻や相馬に友人ができました。

 

手を差し出すことでたくさんの助けをいただいた5年間でした。

 

実はライブアルバム出すのはデビュー以来30年にして初めてです。ライブは生の一期一会のものだから、そんなの残したくない。そういう思いがありました。

ですが、これは5年間の軌跡として、形にしたかった。

 

ていうか、種ともこがオリジナルだけじゃなく、いろんなスキな歌をスキに歌ってる、その歌いっぷりをシンプルに楽しんでいただければ、それがいちばん!と思っています。

| MUSIC | 09:58 | comments(4) | - | pookmark |
30周年アニバーサリー・イヤー企画第一弾!
ついに配信スタートしましたハイレゾ版「Love Song remains The Same」!これを試聴し,種ともことプロデューサー菅原弘明氏とミックスしたエンジニア松本大英氏が語った座談会の模様が以下で読めます。ぜひ参考にしてね。http://www.tomokotane.com/30th-anniversary/zadankai/
| MUSIC | 17:22 | comments(3) | - | pookmark |
年末雑感

明日から新しい年です。

今年はホントにいろんなことがあって、いろんな発見があった年でした。ちょっとふり返ってみます。

年明けは息子の高校受験がメインテーマでした。結果オーライでしたが悩みに悩んで、何度も話し合いをしました。春からコドモたちみな新しい環境で学び初め、新鮮なスタートでした。

年明け、同時に始まったワタシの曲書きはスロースタートでした。プロデューサー菅原氏からの状況確認メールが焦りを帯びてきてから、突然アクセルペダル全開モードになった記憶があります。

こちらは仕事遅いのに,菅原氏は驚くほどのスピードで、ばしばしプリプロをを上げてきて、それを聴いてると「今回かなりいい」と手応えを感じるようになりました。それがまた曲書きのアクセルを踏む力となりました。菅原氏の素晴らしい仕事にここで再び感謝します。

レコーディングもバンドメンバーがすごくいい演奏をしてくれて、楽しくてあっという間で。創る喜びで幸せでした。このレコーディングに関わってくれた全ての方に今一度感謝します。みんなで建てた金字塔でした。

その直後のミニツアーで,生まれて初めて自分の体調不良でコンサート中止という事態になり、みなさまに御迷惑かけました。ホントにごめんなさい。

夏はリハビリでした。これが予定通り進まず、自分をコントロールするために始めたクラシックピアノの練習に、すごくはまりました。自分の技術の不足している点がクリアに見えました。先生についてレッスンを受けることを初め、ボイストレーニングも受けて、基礎の見直しをしました。

プロの野球選手がフォームの見直しをするように。更新の時期でした。

これらの成果が少しずつ上がって喜んでいた時、突然父があっけなく亡くなりました。一緒に飲む日まで決めていたのに。あれこれ済ませてすぐツアーが始まりました。

ツアーでは基礎の見直しを実戦で応用することに挑戦しつつ、各地で新譜のフィードバックをお客さんからもらって、それが元気の素となりました。どんどん気持ちのスピード感上げていく感じで各地で歌えました。

続くバンドツアーでは、ホントに日本一のバンドだと感じました。素晴らしいメンバーと共に音を紡ぐことができた。金字塔のてっぺんに星を飾ることができたと思いました。聴いてるお客さんの笑顔がその星でした。ライブに来てくださった全ての方に感謝します。そして、それを可能にしてくれたスタッフのみんなにも感謝します。

私的なことでは、弾き語りツアーが終わってすぐ四十九日でした。人は死ぬことで何かを更新するのだということを発見しました。自分が生きているという事実を大切にしなきゃ、とも思いました。

恋愛三部作は終わり、来年は30周年記念イヤーです。

今年は始まりと終わりと更新に満ちた年でした。つまり、豊かな一年でした。大切な、よき一年でした。

今年もお世話になりました。来年もめちゃよろしくお願いします。喪中なので新年のご挨拶はいたしませんが、来年もみなさまにとってよき一年でありますように。

そして、来年もワタシの歌がみなさまのココロの真ん中に届きますように。

| LIFE | 10:47 | comments(7) | - | pookmark |
| 1/9PAGES | >>